×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて



もつ鍋はもともと福岡の郷土料理でしたが、地元の有名店が東京に出店したことから安くて酒に合うなどから全国に広まっていきました。
今ではスーパーでももつ鍋用のスープや一度ゆでて処理をしたもつも販売されています。

もつは牛、豚、鶏などがありますがどれも安価なので家庭でも人気のメニューとなっていますね。
本場博多ではスープや食材にいろいろ工夫をこらしたもつ鍋店がたくさんあるので、博多を訪れたときにはラーメンだけでなくもつ鍋にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

もつ鍋のレシピ

もつ鍋は博多からブームに火がつき、材料が安くて手頃、作るのも簡単、ニラやニンニクなど栄養満点。
もともとは福岡の郷土料理であったもつ鍋は地元の有名店が東京に進出したことから安くておいしいと評判となり、全国で知られるようになりました。

地元博多では老舗のもつ鍋店がひしめき、ガイドブックで紹介されたりして「やま中」など予約をしないと食べることができない人気店があります。
もつ鍋店ではその店の特製たれを販売し、レシピと一緒に野菜などを買ってもらってお家でもおいしく出来るようになっています。インターネットでもお取り寄せできますよ。

本場博多のもつ鍋では、最後にチャンポン麺を入れて食べますね。ごはんを入れて雑炊にすることもあります。

もつ鍋のもつには部位により幾つか種類があります独特の呼び方をします。

しま腸(大腸)、丸腸(小腸)、ハツ(心臓)、センマイ(牛の第3の胃)、ミノ(牛の第1の胃)の好きなのをミックスします。
丸腸は脂肪が多いのでもつ鍋のレシピには必ず入れるようにしましょう。
もつは長持ちさせるために一度茹でたものがもつ鍋用としてスーパーなどで売られています。

生のもつが欲しいときは大きめの市場か韓国食材店で聞いてみるといいでしょう。







鶏もつ鍋のレシピ
ちょっと変わった鶏もつ鍋のレシピ
もつ鍋
いろいろなもつ鍋のレシピ
博多の人気もつ鍋店
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

当サイトはリンクフリーですが、以下にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

【お問い合わせ】
「もつ鍋レシピを知りたい!」
ovul1@yahoo.co.jp

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持