×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レアチーズケーキを作ってみよう



チーズケーキはそれほど甘くないので、甘いものが苦手な人でも十分食べることができるケーキです。チーズケーキにはレアチーズケーキとベイクドチーズケーキがありますが、レシピ的にはレアチーズのほうがオーブン等で焼く工程がない分簡単で初心者でも失敗が少ないといえます。
レアチーズケーキのレシピといっても基本的に混ぜて冷やすだけ。クリームチーズをあらかじめ室温程度にまで温めることと、溶かしたゼラチンを混ぜるときにダマダマにならないように注意することがレアチーズケーキを作るときのコツですね。万一ダマダマになっても湯せんしたり、遠火でゆっくり温めながら混ぜるとトロトロ状態になりますよ。
それからビスケットやクラッカーで土台を作る場合ははぎゅぎゅっと押して冷やして固まらせることとぐらいですか。
それからミキサーや泡立て器、電子レンジなどの電子調理器具をうまく使うことで驚くほど簡単にできてしまいます。自分なりに工夫してみましょう!


簡単レアチーズケーキのレシピ



まずは簡単にできるレアチーズケーキのレシピを紹介しましょう。
用意する材料はクリームチーズ 150g、粉ゼラチン 3〜4g、牛乳 50cc、砂糖 70g、生クリーム 180g、レモン汁 適量です。
あらかじめゼラチンには規定量の水を入れ湯せんして溶かしておきます。クリームチーズと牛乳は電子レンジで20〜40秒ほど温めておきます。次にゼラチン以外すべてをミキサーに入れてスイッチオンクリーム状になったらスイッチを止めて少し味見します。自分好みの味になるように砂糖や生クリームを追加したりします。
そして、溶かしたゼラチンも入れて、再びスイッチオン。そのまま型に流し入れて冷蔵庫に入れて冷やすと出来上がり。簡単でしょ!
これができたら、今度はヨーグルトを入れたり、ココアパウダーを入れたりしてアレンジしてみましょう。


ベイクドチーズケーキ&レ...

ベイクドチーズケーキ&レ...

価格:1,365円(税込、送料別)



ヘルシーな豆腐のレアチーズケーキ



イソフラボンが含まれているお豆腐入りのヘルシーなレアチーズケーキのレシピを考えてみましょう。
作り方は先ほどの簡単レアチーズケーキのレシピと同じですが、ヘルシーさを出すために材料も少し工夫してみましょう。
甘みを出すお砂糖はハチミツで濃厚さを出してみましょう。お気に入りのジャムやマーマレードでもいいかも。お豆腐は独特のにおいがあるのでレモン汁を入れ、さらにバニラエッセンスを最後に加えます。ヨーグルトを加えてみてもいいでしょう。季節に合わせてレモン汁の代わりにユズを入れてみてもいいかもしれません。
お豆腐を入れすぎるとレアチーズケーキが固まらないこともありますのでカップに入れて冷やすか、ゼラチンの量をちょっと増やすといいです。レアチーズケーキが固まらなくてもいいのならゼラチンを入れずにカップに入れて冷やすだけでいいですよ!アイスクリームみたいになります。
カロリーが気になるようでしたらクリームチーズの代わりにカッテージチーズにすると低カロリーのレアチーズケーキが出来ますよ。

スポンサード リンク

Copyright © 2009 レアチーズケーキの簡単レシピ

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


健康維持